ウツボグサ~梅雨の晴れ間に

6月、梅雨の晴れ間の工石山に紫色の小さな花が、たくさん咲いていました。

今のうちに…と、たくさんのシロチョウが蜜を吸いに集まっていました。

花の名前は、ウツボグサ。
”ウツボ”と聞くと、魚のウツボを想像する人が多いと思いますが、「花の形が、矢を入れる筒型の容器(うつぼ)に似ているから」が名前の由来のようです。

他にも、同じ紫色のキキョウが、ススキの中で咲いていました。
6月は、ウツギの白い花が目立った道は、今は紫の花たちの道になっています。
次は、どんな色の道になるのでしょうか。